後継者への事業の承継とは、事業を存続させるに当たって、会社の経営(人)を後継者と交代したり、所有(株式・資産)を後継者へ移転(譲渡)させること。

事業の承継: チェックポイント(1)(2)(3)(4)(5)(6)

事業の承継: チェックポイント(1)

事業を後継者へ承継するには、会社によって様々な問題を解決しなければなりません。

事業承継時の問題(例)
任せられる後継者がいない ・社内に経営能力と意欲がある者がいない
・ご子息・親族がいない、もしくは引き継ぐ意思がない
・外部からの後継者雇い入れが困難
後継者はいるが承継が困難 ・個人債務保証・担保を後継者が引き継げない
 (現社長の個人保証・担保の解除が困難)
・後継者による相続税/贈与税の支払いが困難
・後継者が株式を買い取る資金を調達できない

事業の承継: チェックポイント(2)

事業承継の準備をしないと・・・ ご家族、従業員、取引先に重い負担がかかる可能性があります。

事業承継の準備をしないと・・・

経営者不在となり業績が悪化、家族、従業員が路頭に迷う可能性

相続税発生時に納税資金が不足し廃業、もしくは株式の一部売却による議決権分散で
経営存続の危機に直面する可能性

相続発生後、後継者に事業用資産(株式等)が集中できず、経営存続の危機に直面する可能性

相続発生後の遺産分割で紛争が起こる可能性

事業承継は頻繁には起こりませんが、必ず訪れる問題です。
自らで解決できる問題は少なく、計画性と専門性が必要です。
当社の後継者への事業承継支援サービス

事業承継計画作成支援、後継者の採用・育成支援、経営承継円滑化法関連等申請支援、承継資金対策、相続税対策等 をワンストップで提供します。

無料相談窓口

無料相談窓口

ご相談内容(当社への相談そのものを含む)が外部に漏れない様、細心の注意を払うと共に、ご相談に先立ちまして当社より貴社へ守秘義務契約書を差し入れさせて頂きますので、ご安心してご相談頂けます。